直流電源装置 蓄電池設備 点検 バッテリー交換

停電時の非常用照明の電源用非常用、発電機の切り替え用などに設置されている

蓄電池設備、直流電源盤の精密点検・整備・バッテリー交換は、

ひまわり電気設備にお任せください。

蓄電池設備とは?

「防災用蓄電池」とも呼ばれる『直流電源装置』のことです。主に”非常用照明の電源用”、”受変電設備の制御電源”で、蓄電池、整流装置などで構成され、停電時には一定時間、直流電源を供給することで防災負荷の始動や、非常用照明の点灯、非常用発電機に切り替え運転したり、受変電設備の表示や操作電源に利用されています。

 蓄電池は家庭用・産業用があり、停電時や電力供給が不安定な状態の時に有効活用できます。種類やメーカーにより異なりますが、災害時の停電や災害後の電力安定供給が難しい時に10~24時間電力供給が可能になるなど、私たちの強い味方となります。

蓄電池・設備の寿命

使用環境(温度や充電電圧・放電など)や、設置年数・機種にもよりますが

基本的に7~13年を目安に交換することが推奨されています。

 しかし、非常時に作動しないと「防災用蓄電池」としての意味がないので

定期的な点検が必要不可欠といえます。

建築基準法や消防法の絡みもある定期点検以外に

年に1回の精密点検をされることをお勧めいたします。

点検

経験と実績のある有資格者が点検いたします。

点検・整備・清掃の様子

私共は設備専門の会社です!
アフターサービスもお任せください!

もっと詳しく

まずはお気軽にお問い合わせください

045-585-4472

お問合せ

 

更新日:

Copyright© 建築定期報告.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.